紫外線から肌を守る|肌に潤いを与える収れん化粧水|もっちり肌の秘密

肌に潤いを与える収れん化粧水|もっちり肌の秘密

紫外線から肌を守る

女の人

ポリフェノールを摂取

小じわができてしまう原因の1つに紫外線があります。その紫外線に強くなるための栄養素はケアの方法を取り入れることで、小じわができるのを予防することができるようになります。その紫外線から肌を守る成分がポリフェノールです。ポリフェノールは赤ワインやアサイー、そのほかベリー系のフルーツに多く含まれている成分で、ポリフェノールを摂取していくことで活性酸素が体内に増えていくのを抑えてくれる働きを行なってくれます。活性酸素は紫外線を浴びることで体の中で分泌されるようになり、シミや小じわの原因につながってしまいます。そのため肌に良い成分であるポリフェノールを含めた食材が人気を呼ぶこともあり、そのなかでもアンチエイジング効果が優れているポリフェノールがふんだんに含まれているアサイーは、一時期モデルやタレントが摂取していることで人気を集めたこともありました。

紫外線を浴びると

先ほども述べたように紫外線は小じわの原因につながります。紫外線を浴びることで皮膚が守ろうと働き出し、活性酸素が活発化していきます。活発化することでメラニン色素が分泌され、それがシミの原因になってしまうのです。そして紫外線は肌を焼いてしまうこともあるため潤いをなくしてしまいます。そこからシワの原因につながってしまい、小じわが増えてくるようになるのです。そのためにも紫外線から肌を守り、肌の中からでも肌を守る成分であるポリフェノールを取り入れて潤いを維持していくことが必要です。ポリフェノールを毎日からだの中に取り入れていくことでできてしまった小じわを取り除き、若々しい肌を取り戻していくことができるようになっていきます。